2007年01月26日

USBメモリを活用しよう!(USBdriveSecureTool)

サイズの大きいデータファイルもコンパクトに持ち運べるUSBメモリは
とても便利ですが、USBメモリが小さ過ぎてうっかり落としてしまい、
個人情報や会社の機密情報が流出してしまったら大きな問題になってしまいます!
そこで今日ご紹介するのは「USBdriveSecureTool 」です。
USBdriveSecureToolを使えばセキュリティ機能が無いUSBメモリに
セキュリティ機能を無料で付けることができるので、
わざわざ値段の高いセキュリティ機能付きのUSBメモリを買わなくても
安心してUSBメモリを持ち運ぶことができます。



1.USBdriveSecureToolをダウンロード
まずこちらから「USBdriveSecureTool」をダウンロード
WS000963[1].jpg
画面右上の[ダウンロード・お支払い]をクリック
※無料で使えるのでお支払いはしません!
WS000964[1].jpg
WS000785.JPGをクリック
「Vアップ通知のご案内」が表示されるので[いまは登録しない]をクリック
WS000947[1].jpg
[保存]をクリック
WS000948[1].jpg
任意の場所を選択して[保存]をクリック
※どこに保存すればいいか分からないって人は画面右側の
「ディスクトップ」をクリックしてから[保存]をクリック
WS000949[1].jpg
しばらく待ってダウンロードが完了したら[閉じる]をクリック

これで「USBdriveSecureTool」のダウンロード終了です。

2.USBdriveSecureToolをインストール
WS000950.JPG
ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始
※数字の部分はバージョンが上がると変わります
WS000962[1].jpg
この画面が表示されたら[実行]をクリック
WS000951[1].jpg
[次へ]をクリック
WS000952[1].jpg
[次へ]をクリック
WS000953[1].jpg
「以上の契約に同意します」にチェックして[次へ]をクリック
WS000954[1].jpg
「インストール先フォルダ」を変える必要がなければそのままで
[次へ]をクリック
WS000965[1].jpg
[次へ]をクリック
WS000966[1].jpg
[次へ]をクリック
WS000967[1].jpg
[はい]をクリック
WS000961[1].jpg
[完了]をクリック

これで「USBdriveSecureTool」のインストール終了です

3.USBdriveSecureToolをUSBメモリに入れる
WS000969[1].jpg
インストールが終わったらUSBdriveSecureTool
マニュアルが開くのでマニュアルを右上の×ボタンで閉じて
USBdriveSecureToolの説明を読んで[次へ]をクリック
WS000970[1].jpg
説明を読んで[次へ]をクリック
WS000971[1].jpg
説明を読んで[次へ]をクリック
WS000972[1].jpg
USBメモリをパソコンに挿し込んで[OK]をクリック
WS000973.JPG
USBメモリのドライブを選んで[次へ]をクリック
WS000974[1].jpg
[開始]をクリック
WS000975[1].jpg
しばらく待ってこの画面が表示されたら[終了]をクリック

これでUSBdriveSecureToolが使えるようになりました。

4.USBdriveSecureToolを使ってファイルを暗号化する
WS000976.JPG
USBメモリのドライブから「PROGRAM」フォルダを開く
WS000977.JPG
client.exe」をダブルクリック
WS000979[1].jpg
適当にパスワードを入れて、[ファイルを取り出す]をクリック
※今、入れる、パスワードは、暗号化するパスワードでは無いので、
本当に適当で構いません。例えば、0000でもOKです。

WS000992[1].jpg
[OK]をクリック
WS000982[1].jpg
「SECRET」フォルダが勝手に開くので暗号化したいファイルを入れる
WS000983.JPG
画面右下に表示されている画面の[暗号化する]をクリック
WS000985[1].jpg
暗号化したファイルを元に戻す為のパスワードを入力して[OK]をクリック
※このパスワードを忘れると、二度とファイルを取り出すことができなくなるので
十分注意して下さい。

WS000987[1].jpg
パスワードを確認して[OK]をクリック
WS000993.JPG
「SECRET」フォルダの中のファイルが暗号化されました

これで暗号化できたのでセキュリティばっちりです!

5.暗号化したファイルを元に戻す
WS000977.JPG
外出先のパソコンなどにUSBメモリを挿し込んで「PROGRAM」フォルダの
client.exe」をダブルクリック
WS000979[1].jpg
暗号化した時に入力したパスワードを入力して
[ファイルを取り出す]をクリック
WS000982[1].jpg
これで暗号化したファイルが元に戻りました

USBdriveSecureToolを使って安全にUSBメモリを活用しましょう!



posted by ぽけっと at 02:23| Comment(1) | TrackBack(0) | Windowsを活用する
この記事へのコメント
こんにちは のようなあなたブログ私をもたらす多くの知識私は意志続ける注目あなたのブログありがとう!
Posted by louis vuitton outlet at 2012年09月15日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3169369

この記事へのトラックバック